【笑三郎だより】

<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ズバッと聞きます!

昨晩からまたお天気が崩れて肌寒くなっておりますが、体調など崩されてませんか?

今日も雨の一日となるようですが、週末には一気に気温が上がって夏日のようになるとか・・・。本当に体調にはご自愛くださいませ。


昨晩は四代目さんにお誘い頂きまして、平さん、浅野さん、笑也さん、猿弥さん、弘太郎くん、私の顔ぶれで美味しいお食事と楽しいひとときを過ごさせて頂きました。

さて、今晩21:00〜22:48まで放送されます フジテレビの「梅沢富美男のズバッと聞きます!」に四代目さんがVTRゲストで登場されます。

皆さま是非、ご覧ください。

 

 

今月の化粧前も華やかです。さくらさんからのイラスト、青桐ふきゑさんの描いて下さった双六風のカレンダーを並べて、一日一日無事に舞台を勤め上げながら疲れを癒しております。

 

本日も、お足元の悪い中では御座いますが、皆々様のご来場を松竹座にて楽しみにお待ち申し上げております。

どうぞ気を付けてお出かけ下さりませ。

- | permalink | comments(4) | - | - | -

何があったの?

可笑し過ぎます!

 

※テレビを見て笑っている訳ではありません。

 

昨日から連続テレビ小説「半分、青い。」が第三週に入り、主人公の鈴愛と律を始め幼少期のキャストが子役さんから大人の俳優さんに交代しました。

すでにここまでの鈴愛ちゃんや律くんに愛着がわいていたので大人キャストへの交代は複雑な気持ちだったのですが、とても漫画的な演出でコミカルに時間の流れを見せていて、そんな思いが吹っ飛ぶほど面白かったのですが、話の展開がまた「えー!?」という流れに入ってきて、週明けから随分攻めてきたなと思いました(笑)。

終わり方も「つづく」ではなく・・・まさかの「〇〇」でしたし、思わず「ワンピース」を想像してしまいました。

あういう遊び感覚、なかなか素敵です。

 

さぁ、今朝も楽しみに観ます。

 

- | permalink | comments(4) | - | - | -

チコちゃんに叱られる

先日NHKの「チコちゃんに叱られる」という番組を見ていたら「胴上げをするのはどうして?」という話題が取り上げられていました。

私も全く知らなかったのですが、(所説ありますが)「異常な状態の人をシラフにするため」というのが本来の起源。悪霊にとりつかれた人や汚れた人、厄年の人を胴上げして払ったという神事から起った事で、後に祝事でも行われるようになったという説を聞いてなるほど!と思った事があります。

「縮屋新助」の幕切れ。狂乱した新助が祭りの若衆に胴上げされながら花道を引っ込むあの演出。私も胴上げって祝事で行う行為だと思っていたので何故あそこで胴上げするのか不思議に思っていたのですが、正に本来の「胴上げ」なんですね。

 

 

番組では野球の優勝シーン、新幹線のホームや空港ロビーで新婚さんを胴上げする様子など懐かしい映像が紹介されていましたが、私が子供の頃は実際に発車間際に新幹線のホームで胴上げしている光景を見たことがあります。その後、ホームでの胴上げは禁止されました。よくホームに「ホームでの胴上げや紙テープの使用は危険なので禁止」みたいな文言の書かれた看板がありましたが最近見なくなった気がするのは気のせい?今もそういう看板ってあるのでしょうか。また、アイドルのコンサートや女子プロレスなどでよく紙テープが盛大に飛び交ってましたが最近あの光景も見なくなりました。あういう行為が当たり前に行われていたのを思い出すにつけ、時代の移り変わりを感じずにはいられません(笑)。

それでは、残り十日間となりました松竹座の「ワンピース」。本日も宜しくお願い申し上げます。

- | permalink | comments(4) | - | - | -

椛の湖さくらまつり2018

中津川市観光大使の市川笑三郎です。

 

今年も私の生まれ故郷中津川市坂下の椛の湖ではさくらまつりが開催されます。

 

 

すでに4月8日から還暦マラソンや写生大会が行われましたが、いよいよ本日の最終日に、本まつりのステージイベントが開催されます。

 

 

ゆるきゃらのにゃかつがわくんも参加との事、楽しい一日になることでしょう。

昨日からよく降ってますが、どうかお天気が持ち直してくれますように。

- | permalink | comments(2) | - | - | -

都をどり

昨日は、翔三をお供に連れて京都に参りまして春秋座で開催中の『都をどり』を拝見してきました。

お茶席では、思いがけず若い頃から顔見知りの懐かしい芸妓さんとお会い出来て嬉しかったです。

 

 

都をどりも久しぶりに拝見しましたが、(まだ公演中なので詳しい事は控えますが)今年がそうなのか、最近がそうなってきたのか分かりませんが、とてもメルヘンな世界観を、斬新な演出を採り入れて観せて頂き、都をどりのイメージが大きなものに感じました。

そして、あの寸分乱れず息がピッタリと揃う総踊りの見事さは何よりの至福でした。

 

京都の春の風物詩、とても素敵な舞台でした。

- | permalink | comments(4) | - | - | -