【笑三郎だより】

<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2020地歌舞伎 勢揃い公演 | main | 鶴松くん >>

奥州安達原

岐阜清流文化プラザでの「2020地歌舞伎 勢揃い公演」が無事に初日を迎えた昨日、東京ドームでの「ふるさと祭り東京」も盛会に千秋楽を迎えられたとの事、誠におめでとうございます。


さて、歌舞伎座の初芝居は残り一週間となりました。


最近は上演が少なくなりました「奥州安達原〜袖萩祭文〜」。名作であり、大作ですがちょっと難解なお芝居です。でも子役が大活躍し、芝居好きなお客様には大変喜ばれておりました。

澤瀉屋でも師匠猿翁が解り易くご覧頂く試みとして、映像と組み合わせて連鎖劇風に二〜三段目を通して上演したり、三段目(袖萩祭文)を単独で上演したり、その後、四代目さんも度々上演されておりますし、私も22歳の時に勉強会『待春会』で袖萩をやらせて頂いた事があります。

 

 

袖萩祭文だけでも一時間半近くある濃厚な古典歌舞伎ですが、スーパー歌舞伎llや「NARUTO」で歌舞伎に初めて触れて下さった皆様にもこうした古典の名作をご覧頂ける事はとても嬉しいことだと感じております。

 

現代向きではないかもしれませんが、「いい芝居」です。

残り一週間もご声援のほど、宜しくお願い申し上げます。

- | permalink | comments(5) | - | - | -

この記事に対するコメント

この日(20日)、観劇しました。泣いちゃいました。歌舞伎は楽しいですね。幸せな時間をありがとうございます
なかけい | 2020/01/22 7:10 PM
頭からお衣装まで、同じような色調でまるで天使みたいです☆☆☆
そういうキャラクターではないですよね。スミマセン。
切ないお話のようですが、最後は派手?なのでしょうか?舞台写真から想像しつつ、拝見する日を楽しみにしております。
青桐ふきゑ | 2020/01/20 9:14 PM
先週拝見いたしました。
背中を丸め低く落としゆっくりした語りと物腰に、一層悲しく哀れさを感じました。狭間に置かれどうしようもない母の苦しさと孫を抱きたい思いがひしひしと感じられ、ほろりとさせられました。子役さんもホントに良いお芝居をされていましたね。
残り1週間、益々のご活躍をお祈りしております。
けいこ | 2020/01/20 8:46 AM
今回、拝見できないのがとても残念でなりません(泣)
せめてブログでお姿でも…と言う想いが叶いました!ありがとうございます。
残り1週間どうぞお怪我のないようお勤めくださいませ。
そして、桜さんもどうぞ楽しんで来て下さいませ。また青桐さんや桜さんのイラスト楽しみにしております!
ではでは、本日もおきばりやす。
すえぽん | 2020/01/20 8:34 AM
わぁ…素敵です☆☆☆
奥州安達原…なかなかみたい演目でも
最近は古典でも観れない作品もあり
笑三郎さんで観たいと思う作品の
一つでもありました(*´▽`*)♪

美しいきらびやかなお役も大好きですが
渋いけど…浜夕みたいな燻し銀みたいな
奥深い役どころをじっくりたっぷり
笑三郎さんで歌舞伎座で味わえる贅沢な
この日を嬉しく楽しみです(*´▽`*)

昼の浜夕に夜の春雨と本当に楽しみにしております☆(*´▽`*)☆

土産にブロマイドと舞台写真入り筋書を
買うのも今から楽しみです(*´▽`*)♪

とにかくめちゃめちゃ楽しみにして
笑三郎さんの舞台を今年初の輝きに
酔いしれたいと思います☆☆☆

ワクワクです(*´▽`*)♪
桜 | 2020/01/20 7:23 AM
コメントする