【笑三郎だより】

<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 常盤座 その2 | main | 常盤座 その4 >>

常盤座 その3

本日は、紫派藤間流直門本部の本年最終のお稽古日、また終了後には次期家元、御弟子の皆さま方と忘年会をかねた宴を楽しんで帰宅しました。

一年の反省や来年に向けて皆さんと意見交換や、舞台を控えたお弟子さんからの質問に、私の経験談を含めて、様々なお話ができてとても楽しいひとときでした。


さて、それでは昨日に引き続き「市川笑三郎による歌舞伎講座in常盤座」のお土産話を。


開演前に翔乃亮と

 

今回同行しました翔乃亮には、日頃ゆっくり稽古をして上げられないので、本来私が勤めるべき役柄の「毛抜」の巻絹、「浜松風」の小藤の女方を中心に、立役の実演も含めて奮闘してもらいました。

 

「浜松風」の小藤を勤める翔乃亮 (舞台袖から)

 

私は珍しく立役を(笑)。

 

「浜松風」の此兵衛

 

振り返れば、今までなら私には絶対させなかった真立役の「橋弁慶」の弁慶(牛若丸は現・河合雪之丞さん)を、師匠猿翁が紫派藤間流の舞踊会で「これから、家元代行として指導する立場になるなら両方を勉強せよ!」とやらせて頂いた経験が役に立ちました。


この距離感の幕外の引っ込みは「気持ちいい!」の一言につきます。

 

〜つづく〜

- | permalink | comments(3) | - | - | -

この記事に対するコメント

おぉ、すごい。
素敵なシーンですね。
やっぱり、いいなぁ☆☆☆
青桐ふきゑ | 2019/12/21 12:51 AM
とってもいい素敵な素敵な
笑三郎さんと翔乃亮くんの姿が
いっぱい拝見できましたのも
たまらなく嬉しかったです(*´▽`*)♪

思えば…中津川で笑三郎と翔乃亮くんの
舞踊を再演されながら毎回進化しながら
魅力的に増す楽しみな舞踊に
ワクワクです(*´▽`*)(*´▽`*)♪

翔乃亮くんの女形を拝見しながら
懐かしく…とっても懐かしく
色々と想い巡りもしながら…
笑三郎さんから誕生する新星がキラキラ
しているのが感動と懐かしさと
なんとも頼もしい姿に微笑ましく
いいなぁ…しみじみと思います☆

笑三郎さんが猿翁さんみたいに
見えましたのも楽しく嬉しく(*´▽`*)

ホンマに素敵ですね(*´▽`*)



桜 | 2019/12/20 8:34 PM
お〜本当、お珍しい立役!舞台レポート毎日楽しいです。まるで拝見できたかの様です。ありがとうございます。
すえぽん | 2019/12/20 11:01 AM
コメントする