【笑三郎だより】

<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 帰京致しました! | main | 常盤座 その2 >>

常盤座 その1

それでは、本日から常盤座のお土産話をお届けします。

 

私は常盤座とはすごく深い縁を感じております。

常盤座(常磐演劇場)が落成し、柿落しをしたのが1891(明治24)年5月6日だからです。

5月6日、そう私の誕生日と同じです!

 

常盤座の正面入口にて

 

 

今回は解放しませんでしたが、公演の無い時には舞台裏や奈落も見学出来る企画も行われており、舞台裏には芝居絵が展示され、壁や柱に過去に来館した役者、歌手などのサインが書かれております。

 

 

上は、私が以前、久しぶりに帰郷できた際にドライブがてらふらりと常盤座に立ち寄った時に書かせて頂いた柱のサイン。

下は、今回の出演を記念して客席の二階に私のサインを掲げて下さりました。

 

 

また、前日のリハーサル終了後には、日本だけでなく海外でも活躍されておられる岐阜県出身で常盤座名誉館長、恵那市観光大使でもある和太鼓奏者の加藤拓三さんがお忙しい中をご挨拶に駈け付けて下さいました。

 

 

拓三さんは常盤座でも定期的にコンサートを開催されてますので、機会があれば何かの形でコラボレーション出来たら嬉しいです。

 

〜つづく〜

- | permalink | comments(3) | - | - | -

この記事に対するコメント

常盤座だより嬉しく楽しみです♪

常盤座と笑三郎さんのお誕生日が
同じなんて素敵な運命的☆

歌舞伎の伝統文化がある中津川の
常盤座と笑三郎さんは本当に
舞台が生き生きと常盤座もお客様も
喜びに溢れてました(*´▽`*)
もちろん笑三郎さんが一番美しく素敵に
輝いていて解説や指導の時の笑三郎さんの笑顔の優しく楽しいお姿がありましたのが観ていてほのぼのしました(*´▽`*)

地元を大切にして皆さんから愛され
親しまれて歌舞伎の伝統を伝える
原点として大切な常盤座にまた
笑三郎さんの舞台で拝観したいです☆

コラボも楽しみです(*´▽`*)♪
桜 | 2019/12/18 8:29 AM
賑々しく幕開けとなられてとても素晴らしかった舞台だと文面等で伝わって来ました。まだまだ楽しみです。
すえぽん | 2019/12/18 6:50 AM
わっ!
さっそく「つづき」きました♪
1891年。
明治の人々の「熱」ですね。
和太鼓とのコラボ、是非に。
楽しみです。
青桐ふきゑ | 2019/12/18 12:20 AM
コメントする