【笑三郎だより】

<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< マガツハナ | main | 待合室で >>

チケットぴあ

三連休の最終日となった昨日の昼の部は、貸切公演という事で横内謙介先生と私で開演前にプレトークをさせて頂きました。公演を貸し切って下さりましたチケットぴあ様、ご来場賜りましたお客様、誠に有り難う御座いました。

アフタートークや素顔での登壇とは違い、すぐ後に出番を控えており扮装で登場しましたのであまり羽目を外すわけにもいきませんでしたが、ご来場下さりました皆様にはお楽しみ頂けましたでしょうか?

 

ラスト、皆様が耀かせて下さった「歓喜の光」は大変美しく、舞台側も大感激でした。

 

今月より衿元が変わりました (大納言の妻)

 

それでは、本日は一回公演。皆様のご来場を楽しみにお待ち申し上げております。

- | permalink | comments(5) | - | - | -

この記事に対するコメント

ちょっと襟が変わっただけでスゴく華やかになるのですね!とても綺麗です。
2月・3月もまた替わったりするのでしょうか?
何だか楽しみです(*≧∀≦*)
急に冷え込んで参りましたのでお風邪などにはお気をつけ下さいませ。
すえぽん | 2019/11/06 12:06 AM
なんと、2ヶ月公演はお衣装がパワーアップするのですか。
目が離せませんね♪♪♪
青桐ふきゑ | 2019/11/05 11:39 PM
おはようございます。

そういえば、平成二十九年歌舞伎座十二月大歌舞伎「実盛物語」で義仲を産む葵御前を務めてましたね。
笑三郎だより2017/12/17と19に詳しい経緯がコメントしてあります。

「ひらかな盛衰記」義仲館の段の、お筆はピンク系柄の振袖でした。
センターブロック真ん中辺りの列だったので細やかな柄までは見えませんでした。
人形遣いさんが一所懸命、振袖の袖を舞台外に出して観客に見える様にしていました。

やはり、歌舞伎座十二月大歌舞伎「義賢最期」を観ていたので、新橋演舞場新春歌舞伎「義賢最期」で弟子入りしたばかりの瀧乃屋が上手く出来るかハラハラしたのも良い思い出です。

歌舞伎座「義賢最期」も「実盛物語」もガラガラでしたね。
歌舞伎ファンにさえ需要があるとは思えません。
初心者としては通しで観てみたいですけれど、かなり難しい話だと思います。
匿名希望 | 2019/11/05 9:51 AM
美しい…そしてうらやましいなぁ…
横内先生と笑三郎さんのトーク豪華☆
いつかじっくりスーパー歌舞伎の
トークを横内先生と笑三郎さんで聞きたいです(*´▽`*)☆☆☆(*´▽`*)

☆☆☆(*´▽`*)大納言の妻☆☆☆
美しさがますます素敵なお姿で…
もっともっと観たくなるのです♪
そしてもっと描きたくなります♪

麗しい雅やかな朝をありがとうございます(*´▽`*)♪美しい…☆☆☆
めちゃめちゃ美しい笑三郎さんに
我が身が恥ずかしいです(笑)
絶対笑三郎さんが美しいもん☆
桜 | 2019/11/05 9:45 AM
昨日の解説プレトークでの笑三郎さんのご登場は嬉しいサプライズでした!

大納言の妻と閻魔夫人、どちらも立ち姿と口跡の美しさ、そして存在感の大きさに圧倒されます。
『オグリ』は、一幕ラストで照手を逃がす舟の漕ぎ手達を始め、餓鬼病となってからのオグリ、夢を語る照手など、胸に刺さる言葉が沢山詰まった大好きな舞台となりました。
私は昨日が最後の観劇でしたが、千秋楽まで皆様お怪我なく無事に勤められますようお祈りしています。
おたんこ | 2019/11/05 7:18 AM
コメントする