【笑三郎だより】

<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< お気をつけ下さい! | main | 実在!? >>

葉月

今日も尚、非常に強い勢力で各地に猛威を振るっている台風10号に大混乱となりました昨日、市川蔦之助さんが主宰される第二回『蔦之会』が日本橋劇場で開催されました。

演目は、素踊りによる長唄「吉原雀」と、師匠市川猿翁が49年前(1970年9月)に自主公演「春秋会」で創作して初演、その後2011年8月に四代目さんが自主公演「亀治郎の会」で上演、更に2014年1月に「新春浅草歌舞伎」で本興行に掛けられた狂言舞踊「博奕十王」の二作が上演されました。今回は四代目さんがご自身が勤められる際に抜かれた「桶狭間の合戦」の件りを入れて初演に近い形での上演だったそうです。記録を辿ると私が生まれた年に誕生しておりますので正に私と同じ年の作品です。

 

開幕冒頭からご挨拶と演目の解説をかねて蔦之助さん本人が登場したり、幕間にお仲間よりのボイスメッセージが流されるなど工夫を凝らした構成は、舞踊会や勉強会とは一味違って自主公演らしく公演に挑む主宰者としての意欲が感じられました。

客席には関係者も多く、お客様の温かいご声援の雰囲気は蔦之助さんの人柄があらわれているように思われました。

 

 

今回は尾上松也さん始め「挑む」の顔ぶれ、先週同劇場で開催された「高砂会」を終えたばかりの中村梅丸さんが共演でした。

明日からはシアターコクーンで「九團次・廣松の会」、月末は京都春秋座(28〜29日)と国立小劇場(9月1〜2日)で第五回「研の會」と自主公演が続きます。思い返すと、私も8月は一門の舞踊会や自主公演が毎週続いており自身の会の事でてんてこ舞いしながら、お互いに出演したりお手伝いし合いながら忙しなく過ごしていた葉月だったと懐かしく感じながら拝見しておりました。

 

残務処理までが主催者の務めですのでまだホッとはできないでしょうが、蔦之助さん、先ずはご盛会おめでとうございました。

- | permalink | comments(3) | - | - | -

この記事に対するコメント

本日、8連勤が終わりようやく明日は1日お休みです。泥の様に休みたいと思います(笑)
さてさて、吉原雀…私の好きな演目の1作品です。拝見したかったです。
なかなか自主公演を拝見出来ませんが、本公演ではない楽しみ方が出来てとても良いですね。笑三郎の会(1〜4迄拝見!)を思い出します。
関西でも、もっと沢山公演があるといいのですが…。中学生の頃から(演劇の世界に入りたかったので)勉強のタメに毎月必ず1公演は色々な舞台を観て来ましたが、ここ5・6年(芝居もしましたが、今は趣味で観るだけ…笑)は仕事状況と体調との相談なんでそれもなかなか出来ずです。
なので!こちらに書かれるコメントとかイラストかとても楽しみで励みになります。
まだまだ暑いので、演者の皆様も観劇に行かれる皆様もどうぞご自愛下さいませ!
すえぽん | 2019/08/17 2:21 AM
自主公演、ピュアなエネルギーとひたむきさが素敵ですよね。
あとは、本公演では拝見できない、演目や復活上演など、コンパクトな会だからできることもあってすごく楽しみです。
が、関西では少ない・・。「研の會」も春秋座は平日で残念です。
私の夏休みも終わりまして、本日より通常業務です。暑いですが、熱く熱くがんばってください☆☆☆
青桐ふきゑ | 2019/08/16 9:58 PM
笑三郎さん素敵で爽やか(*^^*)
忙しく大変な毎日にかけつけて
応援しながらの観る側演者側としても
自主公演の大変さや苦労と楽しさが
いっぱいあると思うと…色々感じたり
しみじみ思うのですね(*^^*)

笑三郎の会も懐かしく思いますね♪♪

毎回感動で今もキラキラと忘れられない
会を重ねる度に度肝を抜かれ魂を揺さぶる美しくて素敵で楽しくてドキドキしました♪♪
舞踊って素晴らしし大好きになりました♪♪

たくさんの若手の皆さんがチャレンジしてはるのは頼もしく嬉しいですね♪♪

東京はたくさん劇場があり公演がある
ので羨ましいです…

台風もゆっくり過ぎ去りホッとして…
いよいよ!歌舞伎座に行く日が近くなり
今からワクワクします♪♪
桜 | 2019/08/16 12:10 PM
コメントする