【笑三郎だより】

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 八月納涼歌舞伎 | main | 越後獅子 >>

義士餅

今月はお休み月で御座いますので月初めから早速『ひとつなぎの会』(8月29日開催)のお稽古に入っております。

 

今回、翔乃亮がご披露します清元「義士餅」は、私が子供の頃にテレビの邦楽番組で放送されたのを観た事があり歌舞伎好きな私は、餅売りが忠臣蔵の見立てを踊るという趣向に面白い踊りを観れて興奮した記憶があります。

数年前に銀座の山野楽器の邦楽関係の売り場で偶然見付けた清元全集のCDにこの曲が収録されておりましたので即購入して聴きましたら「仮名手本忠臣蔵」の大序から討ち入りまでが清元の洒脱な曲調に見事に織り込まれた大曲でした。

元々は「団子売」のように二人(男二人又は夫婦)の餅売りが臼や杵など商売道具を用いて「忠臣蔵」の各段を踊る舞踊でしたが、紫派は女性が多い流派ですし、私が女方なので過去に「玉屋」や「山帰り」を女に直して上演した初世家元藤間紫に倣って、自分でもいずれ踊りたいと思い、女の餅売りの一人踊りにして、曲も二十分くらいに縮め新しく振付(藤間可笑)を致しました。紫派の月例稽古に掛けまして、これまで某舞踊会で紫派の師範さんによって一度舞台で踊られました。

 

 

今回は素踊りという条件と翔乃亮の「仁(ニン)」に合わせて、立役の餅売りで上演致します。

「仮名手本忠臣蔵」のお馴染みの各場面のエッセンスを次々と踊り分けて参ります。

どうぞお楽しみ頂けましたら幸いで御座います。

- | permalink | comments(3) | - | - | -

この記事に対するコメント

頼もしいですね♪♪
素敵な素敵な素踊りに仕上がり
そうですね(*^^*)(*^^*)

師から弟子へのひとつなぎの舞踊♪♪

頼もしいですね〜♪♪

清々しくて真っ直ぐに取り組んで
キラキラしてる頼もしいく
嬉しい姿ですね♪♪

一つまた一つ努力と経験と時間を重ねて
きっと良い素敵な舞台となりますね!

義士餅見たかったなぁ…♪♪
またいつかきっとどこかで拝見する日を
楽しみにしております!

暑くなってますので水分補給しっかりしてくださいね!

素敵なひとつなぎの会になりますように
お祈り申し上げます。
桜 | 2019/07/27 7:31 PM
とてもカッコいいです。
伝統を受け継いで行くのもその時代時代に合わせて代えていくことも大変ですね。
どう代わっていくのかも楽しみですね。
すえぽん | 2019/07/27 5:41 PM
舞踊もその時代や人でいろいろと工夫されておられるのですね。
格好イイ決めポーズ!
楽しみですね♪
青桐ふきゑ | 2019/07/27 12:22 PM
コメントする