【笑三郎だより】

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 朝は涼し! | main | 本日初日 >>

平林さん!

先日は月亭八方師匠の50周年記念のお祝いに駆け付けさせて頂きましたが、昨晩は、その八方師匠とも親交のあった立川談志師匠のお弟子さんで、私とは日頃から仲良しの落語家 立川平林(たてかわ ひらりん)さんの真打昇進披露祝賀パーティーにご招待を頂き列席させて頂きました。

 

左から、私、平林さん、立川談慶師匠

 

私と平林さんとの出会いは、かれこれ十年以上前に私の名古屋のご贔屓様の祝賀会で「花魁道中」を披露させて頂いた際に、平林さんが司会をされていて、その時披露された名古屋弁の落語が印象的で、打ち上げの席で平林さんとお話している内、愛知県の出身と知り、何だか急に同郷人に会ったように親しみを抱いて意気投合した事に始まり、それから間もなくして平林さんが東京の寄席を貸り切って自身で開催する「立川平林独演会」を拝見に伺うようになりました。

始めの内は、お得意の名古屋弁の落語も交えて、古典落語を二席と最後に「かっぽれ」(日本舞踊)を披露する構成でしたが、年々趣向を凝らし「かっぽれ」に加えて、本場島根県に稽古に通って修練を積み挑む どじょうすくいの「安来節」や、「防犯落語」や「動物愛護落語」など、意義ある創作落語へと活躍の巾を広げ、色んな事にチャレンジするようになっていきました。今では、「安来節」も全国大会で優勝、準優勝を繰り返し受賞し続け、近々師範の免状も取得出来るほどの腕前です。

 

そんなご縁で、私の芸歴30周年の折には、屋形船を貸し切って開催した祝賀会で、平林さんにお祝いに落語を一席披露して頂いたりと親交が続いております。

 

昨日は、立川流ご一門の皆様も勢揃いの他、平林さんの郷里のご親族、ご贔屓、交友関係、各業界からも様々なお客さまがいらして下さり、会場には300人以上が集まる大盛況ぶりでした。

 

平林さん、真打昇進まことにおめでとうございます!

 

 

この十年間の平林さんとの思い出を振り返っておりましたら、肉親でもないのに宴の始めから感激も一入で、立川流のアットホームな温かい雰囲気に始終感動しっぱなしでした。

 

尚、11月17日(土)の13:30より、お江戸日本橋亭にて真打昇進後、初めとなる「第65回 立川平林独演会」が開催されます。

皆さま、賑々しくお運びのほど宜しくお願い申し上げます。勿論、私も来場します。

- | permalink | comments(1) | - | - | -

この記事に対するコメント

立川平林さん真打昇進おめでとうございます!

笑三郎さんの屋形船で拝見させていただいて懐かしく嬉しくまたまた真打昇進の
おめでたいパーティーの晴れやかで素敵な笑顔の1枚ですね(*^^*)☆

屋形船で平林さんの落語を楽しく笑って楽しかった時間は忘れられません!

益々のご活躍を楽しみにしてます☆
桜 | 2018/11/01 7:00 AM
コメントする