【笑三郎だより】

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 寒の戻り? | main | ひとつなぎの会 >>

天の橋立

明日のひとつなぎの会にて翔乃亮がご披露させて頂きます「天の橋立」という演目につきまして解説させて頂きます。

この演目は、題名の通り京都府宮津市の宮津湾と内海の阿蘇海を南北に隔てる「天橋立」の景色を描いた作品で、宮城県の「松島」、広島県の「宮島(厳島)」と並んだ日本三景の一つに数えられている名所を唄った曲です。
大古典というよりは昭和後半に発表された比較的新しい曲です。以前購入しておいた音源を聴き直していたところ、曲の素敵さに魅了され振付意欲が湧きました。


↑私の稽古中

江戸時代中期の俳人・画家、与謝蕪村が詠んだ「はしだてや松は月日のこぼれ種」という俳句など、天橋立の様々な景色や名所を歌詞(作詞・小川清子)に散りばめ、常磐津(作曲・常磐津文字兵衛)らしい洒脱で変化に富んだ曲調に乗せて、まるで現地を旅しているような気分に誘えるようにと、私(藤間可笑)が現地に参りまして実際の景観を鑑賞して回り、素踊りとして振りを付けました。

私自身は、以前催されたイベントにて一度だけお客様の前で披露しましたが、以後は、紫派藤間流の皆さんがこの作品を踊って下さっています。翔乃亮も紫派藤間流の師範でもあるので、昨年私の所へ入門して一番始めにこの曲をお稽古しておりました。

そんな折今回の「ひとつなぎの会」の企画が持ち上がり、本人がこの曲を踊りたいという事でこの度ご披露する運びとなりました。

明日ご来場賜ります皆々様には、何卒ご寛容なるご見物のほど、宜しくお願い申し上げます。

- | permalink | comments(2) | - | - | -

この記事に対するコメント

格好いいお写真ありがとうございます。
「ひとつなぎの会」いい会になりますように。
右團次さんのブログを拝見しても、師匠方が気苦労そうですね。

与謝蕪村好きです。
素敵な舞踊、いつか拝見したいです。
青桐ふきゑ | 2018/03/18 9:10 PM
笑三郎さんのお稽古のお姿カッコイイなぁー♪♪
天橋立は美しく素敵な景色ですね~~~!
笑三郎さんのお稽古姿も爽やかで
その天橋立と名曲とが笑三郎さんの中で美しく素敵な舞に仕上がるなんで凄いな~~~素晴らしいと同時に笑三郎さんの力溢れる魅力のひとつが生まれて作品になり
後継されてひとつなぎに未来に繋がるのですね♪♪

その初めての師から受継いだ天橋立を
発表する意気込み心が頼もしいですね♪♪
翔乃亮くんのひとつなぎでのキラキラっと輝いて下さいね♪♪
遠きながらも応援と盛況な1日となります様にお祈り申し上げます(*^^*)♪♪

いよいよ明日ですね!三四助くん翔乃亮くんいっぱい素敵に頑張ってくださいね♪♪(*^^*)♪♪(*^^*)♪♪
桜 | 2018/03/18 9:09 AM
コメントする