【笑三郎だより】

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

まんぷく♪

「半分、青い。」からバトンを受けて今月から放送が始まりました朝のテレビ小説「まんぷく」。

愛之助さんもご出演とあって初回を観ましたら、あまりの面白さに魅了され毎朝欠かさず拝見しています。

スタートして三週目となり、そろそろ人物同士の系図や関係性も把握できた今、それが三層四層に絡み合って繰り広げられる展開にどんどん面白さが増して、あれこれ思いを馳せ乍ら楽しんでいます。

 

今回の主題歌 DREAMS COME TRUEの「あなたとトゥラッタッタ♪」も耳に馴染みました。

月曜日は長いバージョンで少し変調になる部分が流れますが、その部分が何となく宝塚歌劇調に感じられ私は好きです。

 

 

 

 

先日、今月二回目の宙組公演を拝見して参りました♪

- | permalink | comments(4) | - | - | -

カウントダウン

松竹座の公演も折り返しに入っております。

早いものであと十日間となりカウントダウンが始まりました。


来月はお知らせしております通り、歌舞伎座の吉例顔見世大歌舞伎に出演させて頂き、昼の部の「お江戸みやげ」にて市川紋吉を勤めさせて頂きます。

これまで中村歌江さんがお勤めになられ、最近では市村萬次郎さん、上村吉弥さんがお勤めになられたお役です。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 


「華果西遊記」三四助(右)、翔三(左)と

- | permalink | comments(3) | - | - | -

USJへ

大阪に居ながらこれだけ空いている時間があるので、これまで何故かご縁の無かったユニバーサル・スタジオ・ジャパンへ初めて行って参りました。

 

 

お供も連れも無く、果たしてどうして過ごしたら良いものかと半ば不安に思いながら来場、現地に行くまでの道程も中・高学校生らしき若者、カップル、グループ、親子連れや、海外からのお客様ばかりで、場違いじゃないか?と、本当に心細くなりました。

 

平日にもかかわらずあまりの来場者の多さに、やはり大阪を代表するテーマパークだと圧倒されながらも、テレビや雑誌で見たアトラクションは何処ぞ!と何の下調べも無く、地図を頼りに先ず始めにたどり着いたのは何と開演ギリギリの「ウォーターワールド」。前説中に着席して、すぐに開演という幸運を1番にゲットしました。

迫力満点の、さすが圧巻のアクション・ショーでした。

 

 

その後、「ジェラシック・パーク」と「ジョーズ」で、船旅の水濡れを体験、「スパイダーマン」では3Dを楽しみ(若干揺れの強さに酔い気味でした)、夕方はハロウィンイベントのゾンビ徘徊アトラクションまでたっぷり楽しめました。

始めは、どれくらい楽しめるのかな?と思っておりましたが、待ち時間も退屈させない演出も配慮されているので気にならず、次から次へと興味が沸いてあちこち見たくなり一人でも長時間を十分楽しめました。

一来場者として純粋に楽しみながらも、様々な刺激と今後に役立つヒントを頂いて参りました。

 

 

※私はジェットコースター系の高架の激しい乗り物は身体が受け付けないので乗車しておりません。

- | permalink | comments(7) | - | - | -

二代目右近ちゃん

早いもので、松竹座の公演も本日中日を迎えました。

 

当月、大阪での初お目見得のご披露で奮闘中の二代目市川右近ちゃんこと武田タケル君。

前回の新橋演舞場では「雙生隅田川」の松若丸と梅若丸で早替りに宙乗りの大活躍と「口上」という出番でしたが、今回は更に昼の部の「華果西遊記」で孫悟空の分身役で熱演し、連日お客様から大喝采を浴びています。

 

 

出番の前に一緒に写真を撮って頂きました。

部屋に伺うと丁度お支度の最中でしたが、「手を塗ってますので、ちょっと待ってください!」と自分でお断りを言ってくれて、出来上がると「お待たせしました。」ときちんと誘ってくれる姿がとても微笑ましいです。

今回は一緒の場面には出ていませんが、こうして横に並んでみると明らかに昨年の一月より成長しているのが分かります。

(2016,12,29のブログもご覧ください。)

 

今月も昼夜に渡って大々奮闘中ですので、温かきご声援のほど宜しくお願い申し上げます。

 

- | permalink | comments(6) | - | - | -

花馬祭り2018

中津川市観光大使の市川笑三郎です。

 

私の故郷中津川市坂下の十月の恒例行事『花馬まつり』が明日14日(日)に開催されます。

 

 

岐阜県重要無形民俗文化財にも指定されており、800年以上続く由緒あるお祭りです。

男子は囃子方(小・中学生)の先導で稚児が馬を引きながら花馬行列、女子は花笠を背負った踊り子で練り歩き、町の箇所々々で輪になり踊りを披露します。私も子供の頃に(特別に踊り子で)参加しております伝統行事です。クライマックスとなる坂下神社境内で、馬に背負わせた花串の幣を一斉に群がって取り合う「花奪り(はなとり)」はとても勇壮な瞬間です。

 

この光景は、私が創作しました舞踊「名所巡中津川宿(坂下篇)」にも採り入れております。

 

今年のタイムスケジュールです。

 

 

「平成」の年号としては最後となる花馬祭りが、本年も盛大に開催されますよう大阪よりお祈り致しております。


それでは皆さま、楽しい週末をお過ごしください。

- | permalink | comments(3) | - | - | -