【笑三郎だより】

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

懐かしい雰囲気

昨日、京都造形芸術大学の春秋座で開催されました「猿翁アーカイブに見る 三代目市川猿之助の世界」には、師匠もサプライズでご登場されたとの事、誠に嬉しいです。


さて、今日は四万十市の後記として、先日の様子をご紹介します。

先ずは、舞台稽古の為に乗り込んだ9月18日。


前日の夕方から東京はゲリラ豪雨が降るなど翌日のフライトが大丈夫かと心配しましたが、嬉しい事に翌朝は見事に上がり何の問題もなく高知空港に到着出来ました。

 

 

羽田空港を飛び立ってしばらくすると眼下に雲の間から顔を出す富士山が見られました。

この感じだと陸地からは雲に覆われて見えないはず。今月は名古屋や横浜まで観劇に行ったりしましたが、どちらの日も雲に覆われていて富士山を拝めなかったので、まだ頭に雪がある時期以来、久しぶりに拝めた黒い富士山。

う〜ん、こりゃ善い事ありそうな。

 

 

高知空港からは、翔乃亮のお父さんと市のお世話役の方が出迎えに来て下さり、車で四万十市へ移動。何とその所要時間約2時間。

余談ながら、羽田から高知空港までのフライト時間は85分。いつも郷帰りした翔乃亮を空港まで送ってから自宅に戻っている車中で「無事に羽田空港に着きました」と連絡を受けるんですよ!とお父さん。それを聞いて、以前よく伺わせて頂いていた山口県の長門市のお世話役の方も同じ事を言っておられたのを懐かしく思い出しました。

 

さて、今回の会場となったのは四万十市立文化センター。かなり年期の入った趣のある会館です。

 

 

舞台稽古中の三四助と附打ちさんです。

今までも我が故郷を筆頭に様々な場所、色んな会館に伺わせて頂き歌舞伎講座や公演をさせて頂きました。会館ごとの決まりや特色を下調べをし打ち合わせをした上で、来場してみて何か問題点が見つかればそれぞれの条件の中で最大の可能性を見出しながら柔軟に別案に変更して理想形に近付けるのが私流。

こんな時、現地のスタッフさん方が私の意図を察して本番に向けて一生懸命に解決に向けて努力して下さるこの一体感がいつもながら嬉しいです。

お客様だけでなく、こういう風に一緒に公演に参加して頂く交流が私の創り上げる歌舞伎講座や各地のイベントの一つの特色でもあります。

今回もたくさんの皆さまにお世話になりまして有り難う御座いました。

 

〜つづく〜

 

 

- | permalink | comments(1) | - | - | -

みっくん!おめでとう

先ずは、今月20日に坂東巳之助さんご夫婦にご子息がご誕生になられたとの報道を受け、心よりお祝い申し上げます。

どうか奥様には、産後をくれぐれもお大事になされて下さい。


まさかこのタイミングにこの話題をご紹介出来るとは不思議なご縁です。

「NARUTO」歌舞伎の締めくくりは、私がもう一役勤めておりましたナルトの母うずまきクシナについてです。

 

オファーは役渡しの時(4月松竹座の初日)すでに頂いておりましたが、いつまで経っても公表されないのでてっきり企画の段階でもう無くなったものと思っておりました。

6月の博多座の公演中にフィッティングをした際にクシナの衣裳もあり、あっ!やはりやるんだと思ったくらいです(笑)。

 

 

しかし、それからも公表はされず巳之助さんのミナトと共に、情報が公表されたのはSNSは初日の朝。劇場では筋書に書かれているくらい。ですので大蛇丸とクシナが同一の役者が演じているのに気付かないお客様、後から筋書を見て知り驚かれた皆様も多かった模様。

 

そりゃそうですよね!

 

大蛇丸とクシナですもの。しかも大蛇丸が死んでわずか20分後に同じ幕でクシナが登場するんですから(笑)。

役者としてはやり甲斐があって楽しかったですが。

 

さて、クシナの口癖「違うってばね!」と漫画的なギャグを挟みながらも、巳之助さんが「母ちゃん!」と叫んで胸に飛び込んで来てくれると、何故かすーっと私の気持ちが元に戻り熱い思いを抱きながら勤めておりました。私あの雰囲気が大好きでした。勿論、ミナトとクシナがナルトへ最期の思いを語りかけるお馴染みの場面も。

 

巳之助さん扮する ナルト、ミナトと私のクシナは、舞台で会って舞台で別れる出番の為、ツーショット写真はこれ1枚しか撮れませんでした(ミナトとは撮れなくて残念)。

 

早拵えを済ませ、お互いセリにスタンバイする寸前に奈落で衣裳さんが撮ってくれた貴重な1枚です!

 

ナルト、愛してるよ! byクシナ

- | permalink | comments(5) | - | - | -

Happy birthday♪

本日は、今月新橋演舞場の「オセロー」に出演中の劇団新派の河合宥季くんの23歳のお誕生日です。

 

昨日、偶然に宥季くんと、先日グローブ座で拝見させて頂きました舞台「mother」に出演されていた神山大和くんを誘って食事に出掛けました。

いろいろ楽しく語り合っている内に何気ない会話から明日が宥季くんのお誕生日という話題になりました。(気付かなくてごめんなさい(/ω\))

そうしたら、お店の計らいでサプライズの前祝いを用意して頂けました。

 

 

宥季くん、おめでとうございます!

千穐楽まで頑張って下さい♪

- | permalink | comments(3) | - | - | -

桃さん!

スーパー歌舞伎||「ワンピース」の時にご一緒させて頂いてからのお付き合いの安田桃太郎さん。

その後も、すみだパークスタジオでの主演公演「遠州森の石松〜馬鹿は死ななきゃ治らない〜」を拝見させて頂いたり、今年の5月、ナゴヤ座の公演にゲスト出演された時に拝見に行ったり、意外にわたし、桃さんの追っかけしちゃっているかも!? 

 

ククク(/o\)

 

 

今回の「NARUTO」では、干柿鬼鮫 役を好演されました。

干柿鬼鮫のお写真宜しいでしょうか 


今月19日が33歳のお誕生日でした。

四万十市での「歌舞伎講座」の本番当日でバタバタしていてメッセージも出来ないまま、三日間過ぎてしまいましたが、改めて


桃さん!お誕生日おめでとうございます♪


- | permalink | comments(1) | - | - | -

カブト♪

本年の大きなイベントであった四万十市の歌舞伎講座も無事に終わり、今日から十月の松竹座のお稽古が始まるまではしばらくゆっくり過ごせます。

今月は、四万十市の歌舞伎講座のお稽古に加え、紫派藤間流の月例稽古、今月、10月、11月に舞踊会を控えているお弟子さん方のお稽古、エコール・プチピエ・銀座教室と舞踊修練の日々でした。

そんな中での様々な劇場での観劇は、息抜きにもなりましたが、いろんな刺激も頂けてしっかり充電が出来ました。

 

それでは、再び新作歌舞伎「NARUTO」の後半戦と参りましょう!

 

今回の「NARUTO」では、澤村國矢さんとがっつりご一緒出来て楽しかったです。

大蛇丸といえば、やはりこの2ショットでしょ!

 

 

まるで原画から抜け出したような、頼り甲斐のある素敵なカ・ブ・ト!

舞台だけでなく、舞台袖で待機している時も何故か、側に居てくれるだけで落ち着く存在、そんな空気感が成り立ってました。

 

今月、國矢さんは四代目さんとご宗家が出演される舞踊公演に同行されていて、今日から2日間は大阪の国立文楽劇場です。

- | permalink | comments(3) | - | - | -